ログイン 新規登録
会員登録 | ログイン | 買い物かご | サポートセンター
     
日本酒【蔵別】  
 季節の酒  
 本醸造  
 本醸造タイプ  
 純米  
 吟醸  
 大吟醸  
 古酒  
山廃・生もと  
 樽酒  
 お燗酒  
焼酎【蔵別】  
 芋焼酎  
 麦焼酎  
 米焼酎  
 その他焼酎  
ほんもの調味料  
 
 
     
    03-3294-0201  
 
 
  メールはこちら
 
 
 
 
 
    樽酒 > 上喜元 出羽燦々 特誂 菰かぶり 2斗樽(1斗入り)
 
 
 
前の商品 上喜元 出羽燦々 特誂 菰かぶり 2斗樽(1斗入り) 次の商品
 
 
上喜元 出羽燦々 特誂 菰かぶり 2斗樽(1斗入り)

拡大 ( Size : 14 kb )
 
商品コード : 11913
製造元 : 酒田酒造
価格 : 56,060
18000ml
数量
 
 ご注文をいただいた時点で、梱包発送料などを計算して返信いたします。
 
 
 

一升瓶20本が入る2斗樽に一升瓶10本分のお酒が入っています。受注生産のみとなりますので一週間前にご注文ください。注文を受けると酒蔵では「空き樽」を手配して、これを熱湯にひと晩漬けて樽に水を吸わせます。そうしないと木の継ぎ目からお酒がもれだしてしまいます。樽の準備が終わるとお酒を注いで栓をします。そして化粧のための菰を着せかけ縄でしばります。樽酒は木の香りがお酒に移って独特のあじわいのものとなりますが、長期間置くとこの木香(きが)が強くなって、飲みづらく感じる方が多くいらっしゃいます。樽に詰まって3日目くらいが一番よろしいかと思います。
                     樽の開け方
 鏡開きをするときは、専用の道具が必要となります。菰の上部の縄をほどいて広げ、専用の道具で上部に2本あるタガ(竹のハチマキ)を木槌で叩きながら少しずつ下げ、少しゆるんだところで、天蓋(板)を叩いて外します。ホテルなどではこの道具の用意と手慣れた社員の方がいますが、一般家庭や会社ではとても無理です。近所の酒屋にたのんで開けてもらってください。

                     お酒の種類
 その酒蔵にあるお酒でしたらどれでも詰めることはできますが、香りを重視する大吟醸酒や吟醸酒は不向きです。また純米酒は理由は分かりませんが、妙に甘みが出てしまって美味しくありません。やはりできの良い本醸造酒が向いています。上喜元のおすすめは本醸造タイプの「出羽燦々」です。


Copyright © 株式会社神田和泉屋 All Rights Reserved.   03-3294-0201
商号名 : 株式会社 神田和泉屋   代表 : 横田達之
特定商取引に関する法律に基づく表示
事務所の所在地 : 東京都千代田区神田小川町2-8